L'ECUME DES JOURS

7.12(金)小柳帝の映画塾 vol.0.9 ~越境する映画人~「ムード・インディゴ~うたかたの日々」

July 11th, 2013 Update / Author: misako

001
映像監督ミシェル・ゴンドリーの新作「ムード・インディゴ~うたかたの日々」の公開に合わせて、
編集者・ライターの小柳帝さんによるお話会が開かれます。
ミシェル・ゴンドリーの映画、個人的には映画を観て「これは面白い!」と思ったことはあまり無くて、
どちらかというと映像の面白さやミュージックビデオ(これは相当ハマりました)のお仕事の印象が強いですが
↑の予告を観たら、今回はひょっとしたらイケるのではないか…という気がしてきました。
(埋め込みプレーヤーの調子が悪いので、しっかり見たい人はこちらをどうぞ!)

佐賀のciemaでもちょうど7/19まで「ウィ・アンド・アイ」も公開されてますし、盛り上がって来ましたね!


* * *


小柳帝の映画塾も第3回となりました。
今回は、ミシェル・ゴンドリー『ムード・インディゴ~うたかたの日々』の公開にちなみ、
ゴンドリーのようにフランスとアメリカを往復しながら映画を制作するような、国境を越えて活躍する
「越境する映画人」についてお話ししようと思います。
あえて、それ以外の具体例はここでは申しません。
今回まで、顔見世興行的に参加費1コイン=500円の特別料金でやらせて頂きます。
ぜひ、お仕事の帰りやお食事のあと遊びにいらしてください。

■会場/organ 福岡市南区大橋1-14-5 Take1ビル4F
■日時/2013年7月12日(金)  21:45~23:00
■参加費/500円
■要メール予約/ROVA info@ecole-rova.com 
※予約時には必ずお名前、人数、ご連絡先をお書き添えください。
規定の人数に達しましたら、受付は悪しからず終了とさせて頂きます。

ROVA
http://ecole-rova.com

Category: CINEMA, FUKUOKA, NEWS / Tags: ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org