MIROCO MACHIKO

7.24(水)-8.4(日) ミロコマチコ展覧会「オオカミがとぶひ」

July 23rd, 2013 Update / Author: misako

ookami_miroco_albus-thumb-683x598-687
明日から警固のalbusで画家・絵本作家のミロコマチコさんによる絵本「オオカミがとぶひ」の原画展が行われます。ミロコさんの絵、先月、東京のビリケンギャラリーで「ミロコマチコ展 あかいつき、はためかせ」を拝見しました。原画を見ながら「今にも飛び出しそうな」という言葉がぴったりだな、と思いました。残念ながらトークイベント・ワークショップは定員に達しているようですが(青木隼人さんが来るなんて知らなかった…!)、展示が楽しみです。 * * * what does cialis packaging look like 昨年、アルバスで「ホロホロチョウのよる<出版:港の人>」出版記念展と題して展示を開催致しました。この夏は、第1作目にして日本絵本賞 大賞を受賞した「オオカミがとぶひ」の原画展を開催致します。期間中、著者:ミロコマチコさんはもちろんのこと、イースト・プレスの編集者:筒井大介さんをお招きしてのトークイベントやサイン会を予定。是非、この機会にご来場ください。 尚、本展は同時期にブックスキューブリック:箱崎店にて第2作目の「ぼくのふとんはうみでできている」原画展も開催致します。 ミロコマチコ mirocomachiko 1981年、大阪府生まれ。現在、東京在住。画家・絵本作家。2004年から画家として活動を開始。個展やグループ展など、作品展示を全国各地で精力的に行い、伸びやかな作風で、動物や植物を生き生きと描き、注目を集める。おもに子どもを対象としたワークショップにも力を注いでいる。2012年、『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で、絵本デビュー。同作で翌2013年、第18回日本絵本賞大賞を受賞した。画文集に『ホロホロチョウのよる』(港の人)、装画と挿絵の仕事に『サバンナの動物親子に学ぶ』(羽仁進 著/講談社)、『きみの町で』(重松清 著/朝日出版社)などがある。美術同人誌『四月と十月』の同人。 best place to buy viagra http://www.mirocomachiko.com/ 協力:イースト・プレス  SKKY / iTohen cialis 5 mg fiyatı <展覧会> 日時:2013年7月24日(水)〜8月4日(日)12:00〜20:00 ※会期中休みなし cialis and nyquil 会場:albus 福岡市中央区警固2-9-14(MAP)/092-791-9335 http://cialistadalafil-onlinerx.com/ http://albus.in/schedule/detail.php?no=607 サイン会を開催します! 日時:2013年8月3日(土)18:00~(1時間程度) albusでミロコマチコさんの本を購入した全員ご参加いただけます!
オオカミがとぶひ (こどもプレス)
ミロコマチコ
イースト・プレス
売り上げランキング: 8,628
ぼくのふとんはうみでできている
ミロコ where to buy viagra マチコ
あかね書房
売り上げランキング: 11,202

Category: ART, BOOK, FUKUOKA, NEWS /

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org