ART BRUT JAPONAIS

10.1(火)-11.24(日) アール・ブリュット・ジャポネ展

October 2nd, 2013 Update / Author: misako

001
このインパクト充分なポスターだけで、観に行く理由になる気がします。福岡市美術館では日本で作られた
アウトサイダー・アート(=アール・ブリュット:正式な美術教育を受けずに制作される作品群)の大規模な展覧会を開催中。
パリで行われた展覧会の凱旋展ということで、どんな展示内容になっているんでしょうか。

* * *

今、世界が注目する日本のアール・ブリュット。
そのエッセンスをここに凝集!


 本展は、2010年3月から翌年1月まで、パリ市立アル・サン・ピエール美術館で開催され、12万人もの来場者を魅了した「ART BRUT JAPONAIS(アール・ブリュット・ジャポネ)」展の日本凱旋展覧会です。
 「アール・ブリュット」とは、「生(き)の芸術」を意味する言葉です。20世紀フランスの画家ジャン・デュビュッフェは、アカデミックな美術教育や教養とは無縁の人々が、発表や評価を当てにしないままに生み出す作品群を、そのように呼びました。現在ではその意味の外縁は大きく広がり、文化を超えて見る者を深く感動させる造形作品を包括し、理解するために役立つ重要なキーワードとなりました。
 強烈な色づかい、大胆にして繊細な描線、文字や身の周りのものへの強いこだわり・・・卓抜した技術や流行への追従はそこにはなく、独創的な着想や制作への歓喜があふれています。そのような作品を前にしたとき、私たちがいかに既成の「美術」概念にとらわれているかに改めて気づかされ、同時に彼らの創作エネルギーに深い感動と驚嘆を覚えずにはいられません。
 総勢作家63人・600点を超える作品群が発する力強いエネルギーと豊かな表現は、わたしたちに創造することの原点や楽しさを感じさせてくれることでしょう。

アール・ブリュット・ジャポネ展
2013.10.1(火)-11.24(日)
at 福岡市美術館
〒810-0051 福岡市中央区大濠公園1-6(MAP
TEL: 092-714-605
休館日:毎週月曜日、ただし10月14日(月)、11月4日(月)は祝日のため開館し、
10月15日(火)、11月5日(火)が休館となります。
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
観覧料:一般1,000(800)円、高大生700(500)円
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jb/html/jb01/2013/artbrut/artbrut_b.html

記念講演会「日本のアール・ブリュットの魅力」
今、日本のアール・ブリュットが欧州を中心に紹介され、高い評価を受けています。それはどうしてなのでしょうか? 
世界と日本のアール・ブリュットの歴史的背景や現在の動向を交え、人間が創造することの豊かさや可能性を探求します。
日時:10月13日(日)14:00
場所:福岡市美術館 講堂
講師:小林瑞恵氏
講師プロフィール:NPO法人はれたりくもったりおよび社会福祉法人愛成会でアートディレクターを務める。現在開催中のヨーロッパ巡回展 Art Brut from Japan(Outsider Art from Japan)では日本側キュレーターを担当。アール・ブリュットに関する展覧会を多数企画し、本展企画にも携わる。
定員:240名
※聴講無料、申し込み不要です。直接会場にお越しください。
主催:社会福祉法人 明日へ向かって

Category: ART, FUKUOKA, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org