INTERW@// AT SOMEWARE

[REPORT]佐々木充彦 インターウォール原画展は2.2(日)まで

January 26th, 2014 Update / Author: misako

IMG_2946 IMG_2941 IMG_2943 IMG_2945 福岡市在住の漫画家・佐々木充彦さんの代表作「インターウォール」の原画展が
薬院六つ角のSOMEWAREでスタートしています。会期は2/2(日)まで。

どんな展示になっているんだろう…と気になって、さっそくお邪魔してみると
店内の至る所に惜しげも無くマスキングテープで貼り付けられたり、テーブルに撒き散らかされた原画たち。
「インターウォール」は原画を元にAdobe Illustratorでトレース・着色・レイアウト・トリミングという
行程を経て実際のページが出来上がるせいか、キャラクターやパーツ単位で描かれているものも多く、
それが逆に適度な「抜き」になっていて、SOMEWAREのおしゃれな空間に違和感なく溶け込んでいるような気がしました。
作品を読んだことがない人にとっても、イラストレーションとして楽しめそうです。


photo: interw@ll執筆中の佐々木家の壁(佐々木さんのWebサイトより)。
展示空間がこの風景とリンクしているようにも見えて面白いです。

本編を読んだ人にはわかる「預時」という概念があります。
SOMEWAREの壁に執筆時の佐々木さんの時間と現在を流れるSOMEWAREの時間、
設営時にところどころに書かれた佐々木さんのコメントに流れる時間と、
いくつかの時間が同じ場所に集まることで、本とはまた違った魅力のある「インターウォール」が生まれています。


* * *

福岡市在住の漫画家・佐々木充彦氏の代表作「インターウォール interw@// 」の原画を展示します。
「interw@//」は、漫画デビュー作にしてフルカラー600 ページの書き下ろし という前代未聞の作品。
今回はその原画を間近で見られる貴重な機会です。
ぜひ足をお運びください。

「佐々木充彦 インターウォール原画展」
1月25日(土)〜2月2日(日)
10:00〜19:00[水曜日店休日]

via: https://www.facebook.com/someware.theshop?fref=ts

佐々木充彦
1983年北九州市出身。自身のwebサイトで連載していた漫画「interw@//(インターウォール)」が第15回文化庁メディア芸術祭審査委員推薦作品として選出、翌年ピエブックスより出版。現在「JILLE」「AFRO fukuoka」にて月刊連載。
http://interwall.jp/

Category: ART, FUKUOKA, NEWS, REPORT / Tags: ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org