SHIMATETSU GOCHISOU TRAIN

3.8(土)、9(日)まち歩き&島原イタリアンのランチタイム – 臨時列車“島鉄ごちそうトレイン”

March 2nd, 2014 Update / Author: misako

02 (1)
01 (1)
先日紹介したシュガーロード部(HYACCA*)のお二人、
今度は長崎県・島原高校の生徒が主体となった企画・臨時列車“島鉄ごちそうトレイン”のサポートを行っているそうです。

鉄道会社が主体となって行う食堂車の企画は最近良く見かけますが

「島原には大学がなく、高校を卒業した多くの高校生は土地を離れてしまいます。
ふるさとを離れる前に街を知り、ここでできることを発見する仕組みをつくるために考えられたイベント」

とのことで、知ってしまったら応援したくなってしまう企画だと思いました。
これをきっかけに、まだ行ったことのない島原の街を訪ねたくなります。


* * *

島原高校の高校生が主体となった企画・臨時列車“島鉄ごちそうトレイン”が走りだそうとしています。

島原には大学がなく、高校を卒業した多くの高校生は土地を離れてしまいます。ふるさとを離れる前に街を知り、ここでできることを発見する仕組みをつくるために考えられたイベントが島鉄ごちそうトレイン。現役の高校生が主体となって、長崎にゆかりのあるメンバーの協力のもとに運営されています。

車掌は高校生。島原の食材を活かして、プロのシェフがごちそうをふるまい、駅のホームでランチタイム!島原駅周辺のまち歩きもあります。


~島原よかとこ!高校生車掌と行く~
島鉄ごちそうトレイン


開催日時:2014年3月8日(土)、9日(日)

※両日ともに11:00-15:00
参加者:両日合計最大 150名(75席×2日間)
参加費:3800円

集合・解散場所:島原駅
料理制作:「リストランテ・アルレッキーノ 」/「 Ino (イーノ)」
スイーツ制作:松本綾子(ショウガ農家・野菜ソムリエ)

直接のチケットのお問い合わせはこちら
島鉄観光株式会社 島原旅行センター
電話:0957-63-2341


▼スケジュール
10:30 受付開始
11:00 島原駅集合 ※駐車場有り
11:17 出発
11:21 南島原駅着
☆島原漁港(雨天時は駅構内)でランチ☆
12:31 南島原駅発
12:46 大三東駅着
☆海辺でスイーツ&コーヒー
13:18 大三東駅発
13:25 島原駅着
☆島原まち歩き
☆写真撮影
15:00 島原駅

※ランチについて
両日ともに60名程度(上限は75名と想定)で、島原の恵みをいかしたオリジナルランチを提供します。
(雨天時の食事会場は、南島原駅舎内。晴天時については、漁港側の屋外を想定し調整中)


島原まるごと大皿ビュッフェ

雲仙普賢岳と有明海の豊かな大地をそのまま活かした
島原イタリアンをどうぞお楽しみください
※食材は仕入れの状況で変更の場合があります

〈アミューズ〉
彩りあるムースにジュレを添えて

〈野菜のプレート〉
安藤さんちのトマト
松本さんちのゴボウ、ニンジン
旬のじゃがいもと生わかめ
手摘みの菜の花、山菜

〈ズッパディペッシュ〉
地物、鯛やアラカブ、クツゾコ、ヒラメの骨、アラを使い出汁をとり、
新ものアサリをがばっと入れた濃厚スープ

〈ボリットーミスト〉
島原の地鶏に地野菜の煮込みを添えて

〈ろくべえニョッキ〉
名物ろくべえ(サツマイモ)の粉でつくるモチモチ食感

〈スイーツ〉
ごぼうのガトーショコラ、ゆずシフォンケーキ

〈珈琲〉
島原の湧水と高校の先生オススメの豆で淹れました


シュガーロード部は、当日車内で配布される「島鉄ごちそうキット」をつくっています。
キットは島鉄型に折りたたまれ、メニューや各駅紹介、まち歩きマップが掲載されています。
最初はアイスの棒、ワリバシなどが入っていて、最後に記念撮影をした時には写真を入れてもちかえるタイムカプセル的なキット。
画像は折りたたむ前の状態となります。

高校生に各駅紹介をしてもらっているのですが、
宮崎友理子さんが島原高校の(第54期島原高校生徒会長)ということで、後輩と先輩が一緒につくっているというところも、ポイントです。


島鉄ごちそうトレイン実行委員会

・島原高校卒業生(現大学生)
荒木恵里香/稲田雄太/太田 薫/草野美憂/北田奈菜/
濱本有紀/深松綾花/藤田拓巳/松本直也(大学生リーダー)

・現役高校生
鍬 瑞希 /濱崎琴己/堀川うらら(高校生リーダー)/松永果奈子/松本未来

西川充剛(明治大学農学部)/中島愛(島原地域おこし協力隊)他

ごちそうキットデザイン
シュガーロード部:川路あずさ・宮崎友理子(第54期島原高校生徒会長)

主催/島鉄ごちそうトレイン実行委員会
共催/島原鉄道株式会社、島鉄観光株式会社
協力/Ino(島原市桜門町)、リストランテ・アルレッキーノ(島原市有明町)、
松本農園(島原市長貫町)、舞岳の里(島原市有明町)、慶應義塾大学SFC研究所
後援/島原市

Facebookページ
https://www.facebook.com/shimabaragochisoutrain

Category: FOOD, NAGASAKI, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org