Food sample making

[REPORT]食品サンプル体験教室

March 28th, 2014 Update / Author: komatsu

riki01 「わ〜、おいしそうな天ぷら!」と思ったら、実はこれぜんぶ偽物。なんとロウの衣でできた食品サンプルなんです。
今回は、福岡市南区にある「株式会社サンプルRIKI」さんの『食品サンプル体験教室』に参加した様子をレポートします。

早速、「昔製法ロウ体験コース」の天ぷら作りの様子からご紹介します。まず、プラスチックでできた食材の中から好きな食材を3つ選びます。続いて大きなボールのお湯の中に、温めた黄色のロウをたらします。高い位置から手を小刻みに素早く動かすのがポイントです。
riki02 ロウを敷き詰めたら、プラスチックの食材を上にのせ、素早く翻します。
riki03 食材の形状に合わせて余分なロウをちぎって、一度水につけたら、完成です。
riki04 他の食材も同様に作って、お皿に盛りつければ、本物と見間違うほどの美味しそうな天ぷらのできあがり!!
riki05
次は、レタス作りに挑戦です。まず白いロウをお玉でお湯に敷いて、次に緑のロウを奥側に敷きます。固まりはじめた白いロウの端を親指と人差し指で持ち、深くゆっくりボールの底に沈めてから、上へ上へと引き上げます。ロウが伸び切ったら、手前の白い部分から丸めていきます。丸く出来上がったレタスを一度ボールの外に置いて、もう一度ロウを伸ばすまでの工程を繰り返したら、今度は最初のレタスを二度目に作った葉っぱで包み込み、レタスの完成です。
riki06 本物のレタスのように包丁で切ってみると、ちゃんと中が白い芯と緑の葉の層になっていました!
riki07 レタス作りの様子は、Youtubeにアップしている方がいましたので、動きを見たい方はこちらをご覧下さい。


その他の体験コース「パフェコース」の様子も覗いてみましょう。たくさんのかわいらしいスイーツパーツから、土台となるカップと好きなパーツを選びます。こちらの体験の面白いところは、バズーカのような大きなクリーム絞り機でクリームを絞り出すところです。
riki08 選ぶスイーツパーツや盛り方に作り手のセンスが現れますね。できあがったパフェはどれも本物そっくり。
riki09 「パフェコース」もYoutubeに動画がありますので、興味のある方は、こちらをご覧ください。

体験コースは、もうひとつ「デコレーションコース」があり、名刺入れや眼鏡入れ、鏡、携帯電話などに、パフェコース同様のスイーツパーツとクリームでデコレーションができます。

夏休み(7月1日〜8月31日)には、特別コースとして、「ステーキかハンバーグの着色(野菜は別途)」「アイスクリームのデコレーション(アイスに生クリームを絞ります)」「カレースプーン(サンプルなのにカレーの匂いがします)」が用意されているそうです。自由研究にぴったりですね。詳しくはこちら

教室の中には、写真撮影用にたくさんの食品サンプルが展示されていました。見れば見るほど本物そっくり。それもそのはず、本物の食べ物から型を取って、できた型に樹脂を流し込んで食品サンプルを作っているそうです。「株式会社サンプルRIKI」さんが世界で初めて開発した技術もあるそうですよ。
riki10
美味しそうなサンプルに囲まれて、帰る頃にはすっかりお腹がすいてしまいました。
それにしても、昔テレビで見てからずっと体験してみたかった食品サンプルづくりを体験できて、本当に嬉しかったです。
株式会社サンプルRIKIの皆さん、ありがとうございました。

外観 ロウ体験で作った天ぷらとレタスはタッパーに入れて、輪ゴムでとめて、値段シールも貼って、ビニール袋に入れて持ち帰りました。おみやげにステッカーも大小2サイズいただきました。

* * *

株式会社サンプルRIKI 食品サンプル体験教室
午前の部 10:00より 午後の部 13:00より
予約電話092-567-0018 / 092-567-0011

〒811-1353 福岡市南区柏原4丁目20-30
(西鉄バス「古野」のバス停から徒歩5分)

webサイト
http://www.5670011.com/
http://www.5670018.com/

Facebookページ
https://www.facebook.com/sampleriki

Category: FOOD, FUKUOKA, NEWS, REPORT / Tags:

AUTHOR

小松 慶子(Keiko Komatsu)
1983年長野県生まれ。東京都在住。会社員。
2011年5月〜2014年5月まで転勤のため福岡で暮らす。
演劇・デザイン・アート等、興味の赴く所に出没します。
http://www.komamerc.org