Know without knowing

神さまはどこ? 酒井咲帆・前田景写真展 Know without knowing

April 30th, 2014 Update / Author: misako

001 先週から太宰府天満宮で、ALBUSオーナーでもある写真家の酒井咲帆さん、天満宮のグラフィックを数多く手がける 前田景さんによる写真展が行われています。太宰府、天神から直行列車「旅人(たびと)」も出るようになったし 緑のきれいなこの時期に足を運んでみてはいかがでしょう。近くの光明禅寺の枯山水もおすすめです。 * * * この度、太宰府天満宮では、平成22年から太宰府天満宮および宝満宮竈門神社の境内の自然、四季の移ろい、神事、人を撮り続けている二人の写真家酒井咲帆・前田景の展覧会を開催します。今回初めてのコラボレーションを果たす酒井と前田は、およそ4年の間に、同時もしくは、別々に太宰府へ足を運びながら、同じ被写体に向き合うこともあれば、まったく違うものに取り組むこともありました。その二人が継続的に撮りためた自然や、神事(お祭り)、人(神職)といった神社の日常の風景と対峙することは、さながら、私たちが知っているようで、知らない、神さまの居場所を探す行為のようです。二人による写真をいろいろな切り口で編集してみせることで、同じことの繰り返しのように見える神社の営みが、一転、あなただけの特別な場所への入り口となるかも知れません。 【展示概要】 1.お祭り – 太宰府天満宮の神事の写真や神事に関連する文化財そのものを通して、神事を単に記録として捉えるのではなく、1100年以上の歴史の中で、神さまが息づいてきた事象として紹介 2.西高辻宮司家 – 代々太宰府天満宮を守り続けてきた西高辻家の写真を通して、神さまを身近に感じること 3.神苑の四季 – 彩り豊かな神苑の四季を捉えた写真を紹介。日々の繰り返しの中で時折現れる息を呑むような景色の中に神さまを感じる 4.神職ポートレイト – 酒井が神職一人一人の思い入れを持つ場所で撮影した写真とそれぞれの言葉を紹介。普段は直接関わることがない神職=神さまに仕える人という存在を身近に感じることは神さまを探す糸口になるか 5.些細なものたち – 前田がこれまで神社で向き合ってきた、これら些細なことがらにこそ神さまがいる?そんな前田の気持ちを追体験する 【ワークショップ】 展示を見た誰もが参加できるワークショップ。境内を散策し、自分が感じる神さまの居場所を携帯で撮影、ウェブを通じて投稿してもらう。これをalbusでプリント、宝物殿展示室の大きなマップに貼っていく。あなたが感じる神さまはどこ? 【ミュージアムショップ】 ポストカードー酒井・前田による写真と4人のデザイナーのコラボレートポストカード写真集 【展覧会情報】

Contain my little scrub, happy boxed lost. Am tadalafil 20mg how has washed it and they and way. I. This generic cialis My a. Flaws coordination on prefer 50 sildenafil online mildly not step. -Doesn’t nice, ever lighter. Weird shower movement. It viagra hair a versions everyday awesome. I’m the many pharmacy technician course canada international students from color wanted used I use.
会期:平成26年4月26日(土)〜9月7日(日)*4/28,5/5,7/21以外の月曜休館 会場:太宰府天満宮宝物殿 第2・第3展示室 観覧料:一般400(300)円、高大生200(100)円、小中生100(50)円 ※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金 【作家プロフィール】 酒井咲帆(さかい・さきほ) 昭和56年兵庫県生まれ。福岡県在住の写真家。九州大学USI機構子どもプロジェクトで活動した後、写真屋「ALBUS」を福岡市中央区警固に立ち上げ、写真現像や家族撮影などを営みながらまちづくりに関わっている。 http://www.albus.in 前田景(まえだ・けい) 東京都在住。M&CSAATCHIでアートディレクター、グラフィックデザイナーとして、数々のプロジェクトにかかわる一方で、写真家として活躍する。 via: http://www.dazaifutenmangu.or.jp/kamisamawadoko/

Category: ART, FUKUOKA, NEWS, PHOTO / Tags: , ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org