The world of yamamoto nizo

5.31(土)-7.6(日)山本二三展

May 22nd, 2014 Update / Author: komatsu

山本二三展|福岡アジア美術館
スタジオジブリ制作アニメの背景画などでおなじみの、長崎県五島市生まれのアニメーション美術監督:山本二三さんの個展が、5月31日から福岡アジア美術館で始まります。数々の名作の背景画、スケッチ、イメージボードなど約200点の展示に加え、長崎市を描いた新作から故郷である「五島百景」や「門司港駅」など九州にかかわりの深い作品も公開されるそうです。

* * *

山本二三は1953年(昭和28年)、長崎県五島市生まれのアニメーション美術監督です。アニメーション文化をけん引して30年以上、第一線で活躍し続けています。
日本のアニメーションが世界的な評価を受けていく過程で山本の手がけた「美術」が果たした役割は大きいものがあります。24歳の若さで「未来少年コナン」の美術監督に抜擢されて以降「天空の城ラピュタ」の空中都市、空襲の恐怖を描いた「火垂るの墓」の焼け野原、人間と自然の共生を問う「もののけ姫」の神々しい森、青春を祝福するかのような「時をかける少女」の夏空やY字路。私たちの記憶に刻まれた風景は、キャラクターと物語が躍動するために仕立てられた最高の舞台です。
本展は山本二三の画業を数々の名作の背景画、スケッチ、イメージボードなど約200点で紹介する大規模な個展です。長崎市を描いた新作をはじめ、故郷である「五島百景」や「門司港駅」など九州にかかわりの深い作品も公開します。

開館時間
10時~20時(入館は19時30分まで。最終日は18時閉館。)
休館日
水曜日
観覧料
一般 1,200(1,000)円/高大生 800(600)円/小中生 600(400)円
※( )内は前売り、20人以上の団体、障害者手帳・精神障害者保健 福祉手帳・療育手帳、 福岡市発行のシルバー手帳 および北九州市 発行の年長者施設利用証提示者の料金
プレイガイド
●チケットぴあ Pコード766-038 ●ローソンチケット Lコード83719 ●セブンチケット セブンコード027-759
アクロス福岡チケットセンター、ちけっとぽーと 福岡パルコ店、アートリエ、小倉・黒崎井筒屋プレイガイド他で販売
主催
毎日新聞社 九州放送
後援
福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、西日本鉄道、九州旅客鉄道
協力
福岡アジア美術館、絵映舎

via:福岡アジア美術館
http://n-yamamoto-fukuoka.com
福岡市博多区下川端町3ー1 リバレインセンタービル7・8階 福岡アジア美術館地図
TEL 092-263-1100 FAX 092-263-1105

Category: ART, FUKUOKA, NEWS / Tags: ,

AUTHOR

小松 慶子(Keiko Komatsu)
1983年長野県生まれ。東京都在住。会社員。
2011年5月〜2014年5月まで転勤のため福岡で暮らす。
演劇・デザイン・アート等、興味の赴く所に出没します。
http://www.komamerc.org