TAMAS WELLS “On The Volatility Of The Mind”

6.26(木)Republik: Presents タマス・ウェルズ 「オン・ザ・ヴォラティリティ・オブ・ザ・マインド」ツアー 2014 福岡公演

June 20th, 2014 Update / Author: misako

tamas_main tamas_portrait_610w
赤坂のカフェpapparayrayで、メルボルン在住のオーストラリア人シンガー・ソングライター、タマス・ウェルズの福岡来日公演が行われます。フライヤーを見ててっきりピアノか何かのインストかと思っていたら、全アルバムが試聴できるBandcampで新作を聴いてみたら、予想をいい意味で裏切られる静かで上質なポップスだったので驚きました。日本のポップスが好きでよくライブに行っている友人たちに教えてあげなきゃ。

* * *

「天使の歌声」で多くの人々の心を浄化してきたシンガーソングライター、タマス・ウェルズ。
初の福岡公演が実現!


名盤『A Plea en Vendredi』からはじまる「ミャンマー三部作」が完結してから3年半。ついにリリースされた5thアルバム『On the Volatility of the Mind』とともにタマス・ウェルズが福岡へやって来ます。

「心の不安定さ」と題した極めてパーソナルで繊細な内容とは対照的にこれまででもっともキャッチーでポップに変化したニュー・アルバムの瑞々しい楽曲はどのように鳴らされるのでしょうか。今回、ネイサン・コリンズ(n mark.)、クリス・リンチ(Broken Flight)、アンソニー・フランシスを加えた3人編成での公演となります。
vyvanse canada online pharmacy . para que es la cialis . viagra 500mg . generic pharmacy . generic cialis
世界でもっとも繊細で美しい時間をご体感ください。
——————————————————————————————————————————————–
Republik: Presents
タマス・ウェルズ
「オン・ザ・ヴォラティリティ・オブ・ザ・マインド」ツアー 2014 福岡公演


2014年 6月 26日 (木)
19:00 開場 / 20:00 開演
予約 : 3,500円
当日 : 4,000円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
出演:
Tamas Wells
Nathan Collins (n mark.)
Chris Lynch (Broken Flight)

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : パッパライライ 092-406-9361 (受付時間:11:30 – 18:00、木・金 休)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
papparayray – パッパライライ
福岡市中央区赤坂 2-2-22
phone. 092-406-9361
http://papparayray.petit.cc/

Tamas Wells タマス・ウェルズ
タマス・ウェルズは、メルボルン在住のオーストラリア人シンガー・ソングライター。2006年から2012年のはじめまで6年間をミャンマーで過ごし、現地のNGOでHIV/エイズ教育のヘルスワーカー~フィールドワーカーの仕事に従事していた異色のアーティスト。2006年に日本でもリリースされた2ndアルバム『A Plea en Vendredi』が口コミで大きな話題を呼び、ロングセラーを記録した。人々の心を洗うような美しすぎる歌声は、「天使の歌声」と大きな評判を呼んだ。 2007年に初めての来日ツアーを行って以来、これまでに4度の来日ツアーを行っている。
Tamas Wells Official Site : http://www.tamaswells.com/
ジャパンツアー・オフィシャル・サイト : こちら

Category: FUKUOKA, MUSIC, NEWS / Tags: ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org