Nicolai Bergmann

10.10(金)-13(祝) 1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン『伝統開花』

September 3rd, 2014 Update / Author: misako

Nicolai
デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmannによるフラワーアートの展覧会が太宰府天満宮で行われます。会期が短いので9月末になったらまたお知らせしますね。

こちらは昨年行われた、ファッションブランドzuccaの25周年のプロジェクトの紹介映像
グラフィカルな花の見せ方が興味深いですね。

* * *

1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン 『伝統開花』

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)は、2014年10月 10日(金)~13日(月・祝)に、個展「1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン『伝統開花』」を福岡・太宰府天満宮にて開催いたします。ニコライ・バーグマンは1998年の来日以来、北欧のスタイルと日本の繊細な感性を融合させた独自のフラワーデザインを確立してきました。

「学問・文化の神様」である菅原道真公をお祀りする太宰府天満宮は、「太宰府天満宮アートプログラム」をはじめ、その時々の最先端のアートを受容し、対外的に広く発信してきました。今回の個展では、日本の伝統美を敬うニコライ・バーグマンが太宰府天満宮の1100年以上の伝統と歴史からインスピレーションを受け、新作品約50点を披露いたします。期間中は、太宰府天満宮とのコラボレーションの限定フラワーボックスの販売も予定しています。

■タイトル
1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン 『伝統開花』

■開催日時
2014年10月10日(金)~13日(月・祝) 9:00~18:00

■場所
太宰府天満宮
(〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号) 西鉄太宰府駅から徒歩約5分

宝満宮竈門神社
(〒818-0115 福岡県太宰府市内山883) 西鉄太宰府駅からタクシー約7分

■主催/協賛
主催:Nicolai Bergmann Flowers & Design 特別協力:太宰府天満宮/宝満宮竈門神社 協賛:糸島農協

■入場料
野外展示:無料 一部屋内展示:500円(税込) ※12歳以下は屋内展示も入場無料

■チケット販売(一部屋内展示)
株式会社エンタテインメントプラス(e+:イープラス) eplus.jp/ 8月22日(金)より販売開始

■イベントに関するお問い合せ先
Nicolai Bergmann Flowers & Design (ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン)
Tel:03-5464-0716(平日10~18 時) E-mail:info@nicolaibergmann.com

via: http://www.dazaifutenmangu.or.jp/info/detail/287

NicolaiBergmann (ニコライ・バーグマン) /フラワーアーティスト
北欧のテイストと細部にこだわる日本の感性を融合した独自のスタイルを確立。シグネチャーアイテム「フラワーボックス」をはじめ、ウェディング、イベント、世界有数の企業とのコラボレーションを多数展開するなど、人気を博している。東京・南青山のNicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store(ニコライバーグマン フラワーズ&デザイン フラッグシップストア)をはじめ、国内外に7拠点を設け、ワールドワイドに活躍の幅を広げている。
www.nicolaibergmann.com

Category: ART, FUKUOKA, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org