UR Jonodanchi renovation project

(九州エリア初)UR城野団地リノベーションプロジェクト

September 11th, 2014 Update / Author: miami

DPP07DE0812101008 九州百名山のひとつ足立山麓の四季を感じる豊かな自然環境と、小倉駅まで約3kmの利便性を兼ね備えた『城野団地(北九州市小倉北区)』は、
昭和30年代に誕生したURの賃貸団地です。団地周辺のエリアは、北九州市より「ゼロカーボン先進地区」に制定され、
省エネ住宅やエネルギー自給など、低炭素社会のモデル地区として再開発が進められ、いま、大きく生まれ変わろうとしています。
そんななか、城野団地は、今後もより良い生活の場であり続けるために、平成23年、集約型団地再生事業に着手。
全面的な外壁の塗り替えや、空家住戸の一部がリノベーションされ、新しく生まれ変わりました。
緑あふれる屋外空間や、団地ならではの良質な躯体など、既存の『いいところ』をできるだけ生かし、
現代の生活に合わせたリノベーションのプランは、一人暮らしの方から子育てファミリーまで、
住むことを楽しめる、これまでの賃貸団地にない空間となっています。
DPP07DE08120C2A08 プランを手掛けたのは、団地リノベーションの先駆けとなった観月橋団地(京都府京都市伏見区)をはじめ、
団地再生を数多く手掛けるOpenAと、メルカート三番街など小倉魚町商店街の再生に関わるらいおん建築事務所
そして、リノベーションスクールの企画運営で全国から注目を集める北九州家守舎
九州初の民間連携事業として三社共同体となってURとタッグを組みました。
プリント 今回このプロジェクトのプロモーションの一環として、イメージビジュアルの制作や、冊子やWEBの広報ツールを
マイアミ企画が担当させていただいたこともあり、一足先にリノベーション住戸を見学させてもらったのですが、
建設当時から残されていたという趣のある造作食器棚や味のある真鍮のドアノブなどが活かされた、懐かしくも新しい空間は、
『団地』が好きな人にとっては、悶えるほど萌える要素がいっぱいでした。
むき出しの天井や丸見えの配線やダクトが、たまらなく、イイ…!!
DPP07DE0813120E21 庭付きのテラスハウスや、ルームシェアや土間、広々ワンルームなど、個性豊かな間取りは6タイプ。
住んでみたい!という方は、9月15日(祝)〜21日(日)に入居者一次募集が開始されるので、
ぜひ、現地住戸を見学しに行ってみてください。団地暮らしが、とっても新鮮に感じられると思います。(いわくま)

撮影:宗伸隆(田中写真事務所

*  *  *

プロジェクトの詳細はコチラのサイトをチェック!
・UR 都市機構 城野団地特設サイト http://www.ur-net.go.jp/kyusyu/jono/
・団地R 不動産 http://www.realdanchiestate.jp

地元小倉在住の人気モビール作家よしいいくえさんがPR大使として実際にリノベーション住戸に住み、
日々の暮らしを発信している写真日記『よしいさんの、毎日。』も、城野団地の魅力がじんわり伝わってくるいいブログです。
・よしいさんの、毎日。 http://jono-danchi.tumblr.com






Category: FUKUOKA, INTERIOR, LIFE, NEWS /

AUTHOR

マイアミ企画(Miami Kikaku)
2011.11.11設立。
私の「いま」をポップにエディットする!をテーマとした
エディターいわくまみちこ・デザイナーおおがななえによる妄想カンパニー。
雑誌の発行/企画・編集を始めとする様々なツールで
「伝えたい」を形にしていこうと思っています。
今、気になることは、“どう楽しんで暮らせるか“。
そのために欠かせない、演劇や音楽、本やアートのことなどを
記事に出来たらいいなって思っています。
http://www.miami-kikaku.jp