MIKADO KOYANAGI

11.14(金)22:00〜 小柳帝の映画塾・特別編「映画館へ行こう!」

November 12th, 2014 Update / Author: misako

今週金曜日、大橋のorganで編集者の小柳帝さんによる映画塾が行われます。「そういえば、映画館そのものを語るトークって、案外ないかも。」確かにそうかも。
単館系の映画館について話すことは、これからのマスとオルタナティブについて話すことになるのかもしれません。

* * *

今年も暮れが迫ってきました。みなさん、今年は映画館、何回くらい行きましたか?
『小柳帝のバビロンノート 映画についての覚書1』出版記念の映画塾。テーマはなんと、「映画館へ行こう!」です。
帝さんが、映画館がいかに魅力的な場所なのか、今あえて語ってくれます。
そういえば、映画館そのものを語るトークって、案外ないかも。

■会場/organ 福岡市南区大橋1-14-5 Take1ビル4F
■日時/2014年11月14日(金)22:00~23:00
■参加費/¥500 予約不要の顔見世興行
Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/751397394944659/

福岡には、単館系の映画館がわずか1館になってしまいました。
それはやっぱり、ぼくらが映画館へ行かなくなったことによるわけです。
このままいくと、福岡で観られる映画がどんどん減っていきます。
やっぱりいい映画が観たい。だから映画館へいこう。

帝さんが、ぼくらの口火を切る1時間。

映画をよく観るひとも、あんまり観ないひとも、今回の話は必聴です。
全員集合ですよ。

via: http://mikado-info.jp/letsgotheater-mikado/#more-1066

Category: FUKUOKA, NEWS, THEATER / Tags: ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org