THINKING ABOUT "KAWAII"

九州在住7人のデザイナーによる展覧会/2.11(祝)-16(月)「かわいいと向きあってみる 展」

February 11th, 2015 Update / Author: misako

kawaii_to
薬院のギャラリーシゲキバで九州在住7人のデザイナーによる展覧会が行われます。個人的に顔見知りの人達の会なので、みんながどれだけ「かわいい」に向きあっているか、楽しみです(笑)
この手の展覧会、福岡ではまだまだ珍しいので、こういう機会が増えるといいですね。

* * *

かわいいと向きあってみる 展
「かわいいと向きあってみる 展」
2015年2月11日(水 祝日)〜2月16日(月)
12:00〜20:00 ※最終日 〜18:00
会場:シゲキバ(福岡市中央区薬院 1-16-18 江島ビル605)

「かわいい」の定義ってなんだろう?

なにが「かわいい」と言わせるのだろう?

感覚的に使われどんどん曖昧になっていく「かわいい」を、

九州在住の7人のデザイナーが

敢えて向きあうことに挑みました。

この展示で、「かわいい」の本質が見えてくるのか、

やっぱり曖昧なままなのか…。

稲田 ゆきこ ( デザイナー )
江副哲哉 ( あおいろデザイン デザイナー )
古賀 義孝 ( アートディレクター、グラフィックデザイナー )
羽山 潤一 ( DEJIMAGRAPH デザイナー・アートディレクター )
松本 千里 ( グラフィックデザイナー )
山之口 正和 ( アートディレクター・デザイナー )
吉村隆治 ( デザインチョップ デザイナー )

協賛:株式会社 竹尾

via: http://sigekiba.com/news/1856/

Category: ART, DESIGN, FUKUOKA, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org