oyasumi kamitachi

谷川俊太郎と川島小鳥の展覧会/2015.3.7(土)-4.12(日)「おやすみ神たち」

March 31st, 2015 Update / Author: nagamizo

2015artium_oyasumi1-610x431
イムズ8F三菱地所アルティアムで、谷川俊太郎さん川島小鳥さんの展覧会が行われています。
先日行ってきたのですが、詩と写真、すごくボリュームがあって、一回の訪問では追いつかない気がしました。
他のお客さん達もいつもより長く滞在していた印象を受けました。
「見る」というよりも「理解」を求めている雰囲気があったような気がします。
広々とした展示室の真ん中にぽつりとあるテーブルには、展示の感想などを自由に記せるノートが置いてあるので、それを眺めるのも楽しいです。
残りあと2週間ほどしかないので、是非とも時間に余裕がある時に足を運んでみてください。

* * *

三菱地所アルティアムでは、詩人・谷川俊太郎と写真家・川島小鳥の展覧会を開催いたします。
二人にとって、初めての共著となる作品集『おやすみ神たち』に収録された写真と詩を再構成し、本の世界を体験できるものとなります。
日本の現代詩を牽引し続ける谷川俊太郎は、83歳になった今も、精力的に創作活動を行っており、本作のために全27篇の新作を書き下ろしています。谷川による三菱地所アルティアムでの展覧会は1992年以来、実に23年ぶりです。
一方の川島小鳥は、写真集として異例の11万部を突破した『未来ちゃん』以後、3年をかけて台湾で撮影を行ってきました。本作では新たな境地をみせています。
二人の年齢差はおよそ50歳、台湾にて撮影された川島の写真に触発された谷川の詩は、その写真に乗って〈タマシヒ〉の世界を旅し、年齢差を超えて共振、詩と写真という異なる表現世界を行き来します。
目に見えない“たましい”に思いを馳せ、表現することに挑んだ意欲作です。写真と言葉の空間をご堪能ください。


川島小鳥+谷川俊太郎|おやすみ神たち
2015年3月7日(土) − 4月12日(日)
10:00 – 20:00
休館日 3月17日(火)
三菱地所アルティアム(イムズ8F)
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
TEL. 092-733-2050(10:00 – 20:00)

一般:400(300)円 学生:300(200)円
()は前売料金/チケットぴあ再入場可高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料アルティアムカード会員・イムズカード(三菱地所グループCARD)会員無料

via:http://artium.jp

Category: ART, BOOK, FUKUOKA, NEWS, PHOTO / Tags: , ,

AUTHOR

永溝 直子(Naoko Nagamizo)
1989年長崎県大村市生まれ。
福岡県在住アパレル販売員。
洋服、パン、人が好きです。