Manufacturing workshop with story

糸島の猪革とグアテマラの伝統織物を使ったブレスレット作り/2015.4.29(水)「ストーリーのあるモノ作りワークショップ」

April 14th, 2015 Update / Author: komatsu

illoitoo
今、福岡を拠点に活動し、全国から注目を集める女性、狩猟女子こと畠山千春さんと、グアテマラの布小物ブランドilo itoo代表兼デザイナーである大久保綾さん。お2人のお話とゆかりの素材を用いたブレスレット作りワークショップを楽しめる1日だけの貴重なイベントが4月29日(水)に開催されます。定員は12名、お申し込みはぜひお早めに。

* * *

◎ストーリーのあるモノ作りワークショップ

◎内容
糸島の猪革とグアテマラの伝統織物を使ったブレスレット作り。

山で獲れた猪がどうやって革になるのか、グアテマラのお母さんたちの手仕事の様子など、それぞれの素材がたどってきたストーリーを現場で活動する2人がお話します。モノの背景を知って、作って使えるモノ作りを体験してみませんか。

*ブレスレットの細かいデザインは革の状態なども含め現在調整中です。(写真見本から大きな変更はないかと思います)

◎日時
4/29(水) 13:30~16:00

お話会:13:30~
・畠山千春:25分
・大久保綾:25分
休憩:10分ほど
ワークショップ:14:30~16:00

◎場所 RIZE UP KEYA (ライズアップ けや)
福岡県糸島市志摩芥屋1037−1

【RIZE UP KEYAまでのアクセス】

・電車/バスの方 「芥屋購買店」バス停までお越し下さい。  
電車にてJR筑肥線筑前前原駅へ  
そこからSHOWAバスにて芥屋線「芥屋購買店」バス停下車  
芥屋行き13:23着のバスでお越し下さい。
※終点芥屋バス停から1つ前の駅になります。     

「芥屋購買店」バス停  http://buste.in/search/bus/?id1=n7582&id2=40  
※showaバス http://www.showa-bus.jp/goannai/jikokuhyou/fukuoka.htm

◎参加費  4,000円 (材料費+講習費+お話会参加費含む)

◎お申し込みの際に猪革の色のご希望をお知らせください。(写真3枚目参照)

◎持ち物 ものさし または メジャー、カッター、カッティングボード(もし持っていたらでOK)

◎定員 12名


【講師プロフィール】

◎畠山千春
1986年生まれ。3.11をきっかけに大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ、自分の暮らしを自分で作るべく活動中。2011年から動物の解体を学び、鳥を絞めて食べるワークショップを開催している。2013年狩猟免許取得、狩りを始めながら、獲物の皮なめしなども修行中。現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。2014年に木楽舎より『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』を出版。
ブログ:ちはるの森 http://chiharuh.jp/

◎大久保 綾
1982年生まれ。服飾を学んでいた学生時代にグアテマラ民族衣装の本に出会い旅をしたことがきっかけで、マヤ先住民の織りなす日常の手仕事に魅了されて、2012年、2人福岡人とマヤの血を引く現地先住民とで紡ぎ出すオリジナル布小物ブランドilo itooを立ち上げる。代表兼デザイナーとして、現地を行き来し、女性スタッフとコンタクトを取りながら生産指示をしている。現在福岡を拠点としながら、日本各地で展示会やイベント・ワークショップ開催、百貨店やオンラインショップで販売活動中。
Web site & Online shop: http://iloitoo.jp/

via:http://kokucheese.com/event/index/285338/

Category: FASHION, FUKUOKA, LIFE, NEWS / Tags: ,

AUTHOR

小松 慶子(Keiko Komatsu)
1983年長野県生まれ。東京都在住。会社員。
2011年5月〜2014年5月まで転勤のため福岡で暮らす。
演劇・デザイン・アート等、興味の赴く所に出没します。
http://www.komamerc.org