TAKUMA WATANABE PIANO QUINTET

ピアノと弦楽の五重奏を再構築/5.7(木)渡邊琢磨’Piano Quintet’ 福岡公演

April 28th, 2015 Update / Author: misako

unnamed pianoquintetwebinfo COMBOPIANOこと渡邊琢磨さんと弦楽との五重奏による公演が天神のあいれふホールにて行われます。現代音楽とクラシックにジャズの要素が加わったような独特な世界観…と教えて頂いて、どんな雰囲気なんだろうと想像しつつ試聴できる場所を探していたら、ソロアルバムの試聴が見つかったので↓に貼っておきます。これは確かに独特かも…そして意外にもポップな仕上がりで、素直に格好いい音楽だと思いました。試聴してピンと来た方はぜひ。



* * *

ピアノと弦楽の五重奏 この古典的なスタイルを渡邊琢磨の世界に再構築した新しいピアノクインテット
2009年にロカルノ国際映画祭グランプリを受賞した盟友アンダース・エドストローム
彼の新作でインクがゆっくりと広がって行く映像作品『SOME PAINTS』の為の音楽をはじめ、福岡公演の為に書き下ろした作品を発表予定
五重奏、四重奏、トリオにデュオ、ピアノソロとさまざまな編成で展開される本公演 既知にして未知なる弦楽の新たな表情を愉しませてくれそうです

渡邊琢磨’Piano Quintet’ 福岡公演
2015年5月7日(木)
open 18:30 / start 19:30

[出演]
梶谷裕子(vn)
須原杏(va)
徳澤青弦(vc)
千葉広樹(cb)
渡邊琢磨(pf,cond)

[会場]
あいれふホール
福岡市中央区舞鶴2丁目5-1
福岡市健康づくりサポートセンター10F
(地下鉄空港線 赤坂駅③番出口より徒歩5分)
前売り 4,000円 / 当日 4,500円
ローソンチケット Lコード: 84165

[ご予約・お問合せ]
MILLIMETER
millimeterscale(at)gmail.com
またはFBメッセージにて
-お名前(フルネーム)
-電話番号
-枚数
をお知らせくださいませ。チケットのお支払い・お受渡しについてこちらからご連絡差し上げます。

[!]
ご予約の際はお手数ですがメールまたはメッセージにてお申し込みをお願い致します。(イベントへの参加予定ではご予約受付となりませんのでご注意ください)

渡邊琢磨(作曲/ピアノ)
1975年仙台市出身。高校卒業後、米バークリー音楽大学へ留学、作曲を学ぶ。帰国後、COMBOPIANO名義で活動を開始。
2000年、NYに渡り鬼才プロデューサー、キップ・ハンラハンとの共同制作でアルバムを次々とリリースし注目を集める
(イギリスの音楽専門誌「WIRE」などに取上げられる)以降、国内外のアーティストと多岐に渡り音楽制作活動を行う。
2004年、内田也哉子、鈴木正人(little Creatures)とsighboatを結成(2010年サマーソニック出演ほか)。
2007年、デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアー18カ国30公演にピアニストとして参加。
2008年、内橋和久(gt)、千住宗臣(ds)とCOMBOPIANOをバンドとして再編、フジロックはじめ、ほか多数大型フェスに出演。
2014年、本人名義としては6年ぶりとなるニューアルバム「Ansiktet」をリリース。本人主宰による「Piano Quintet」を結成。世田谷美術館、水戸短編映像祭、等々に出演

via:https://www.facebook.com/events/1628273964071237/

Category: FUKUOKA, MUSIC, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org