CASA PROJECT

不要になった傘を募集中/6.26(金)まで あなたの傘がアート作品に‼ CASA PROJECT in 長崎 ☂

June 1st, 2015 Update / Author: misako

1
2
HYACCA* 百菓」の川路あずささんからご紹介を頂きました。不要になった傘がアート作品になるプロジェクト「CASA PROJECT in 長崎 ☂」がこの秋、アミュプラザ長崎で開催されるそうです。
現在、傘を募集中とのこと。ワークショップの材料として使われるということで、傘をただ捨てるだけではなく、ワークショップに参加したりするのも面白そうです。

* * *

不要になった傘を大募集‼
CASA PROJECT in 長崎 ☂ 開催決定!


今秋・長崎駅の商業施設・アミュプラザ長崎で、
CASA PROJECTが開催されることが決定しました。
現在作品素材となる傘の回収がはじまっています。

梅雨も目前ですが、ご家庭につかわない傘がある方は、
是非アミュプラザ長崎インフォメーションへお持ちください!

☂回収場所:アミュプラザ長崎インフォメーション
☂募集期間:5月22日(金)~6月30日(火)
☂詳細はこちら:http://www.amu-n.co.jp/calendar/#news181

※ビニール傘・折りたたみ傘は除きます。
※回収した傘は『CASA PROJECT』のワークショップの材料として使用させていただきます。
※傘は返却できません。

CASA PROJECTとは、不用になった傘を生まれ変わらせるプロジェクトです。
http://casaproject.com/

Category: ART, DESIGN, NAGASAKI, NEWS / Tags:

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org