AOMORI MUSEUM OF ART

4.6(土)-5.26(日) 青森県立美術館展 コレクションと空間、そのまま持ってきます

April 1st, 2013 Update / Author: misako

poster 001
今週末からなんと、愛して止まない(くせに一度も行ったことが無い)青森県立美術館のコレクション展が三菱地所アルティアムで開催されます。 コレクション作品のほか、青木淳(設計者)、菊地敦己(V.I.設計者)、ミナ ペルホネンなどのお仕事も見ることが出来るということで、Prefabを観てくださっている方のストライクゾーンにズバッと入る展示になっていると思われます。楽しみですね! * * * 昨年はじめに、渋谷パルコで開催され話題を呼んだ「青森県立美術館コレクション展 北の異彩たち」から1年が過ぎました…。なんと、青森県美移動展の第二弾の開催が決定!な、なんと今度は福岡まで飛びます!!! 会場は、福岡市の三菱地所アルティアム(イムズ8F)。 会期は4月6日から5月26日まで。 今回は、「コレクション展」じゃなく、「美術館展」というのがミソなのです。 題して、「青森県立美術館展 コレクションと空間、そのまま持ってきます」。 展示は大きく2つに分かれ、「セクション1:建築・V.I.」では青木淳(設計者)、菊地敦己(V.I.設計者)、ミナ ペルホネン(ユニフォームデザイン)の仕事と鈴木理策による建築写真を、「セクション2:コレクション」では、今純三、工藤哲巳、沢田教一、棟方志功、奈良美智、成田亨、馬場のぼる、村上善男といった青森ゆかりの作家に加え、横尾忠則、及川正通、宇野亜喜良、土井典など寺山修司と活動をともにした作家の作品も紹介! お近くの方、ぜひこの機会に青森県立美術館の魅力に触れてみてください。 (青森県立美術館公式ブログより) 青森県立美術館展 コレクションと空間、そのまま持ってきます 会期 ’13/4/6〔土〕~5/26〔日〕 休館日は4/16〔火〕、5/21〔火〕 会場 三菱地所アルティアム(IMS 8F) 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F http://artium.jp 開館 10:00-20:00 入場料 一般400円、学生300円 再入場可、高校生以下無料 ギャラリートーク 青森県立美術館学芸員によるギャラリートークを開催します。 【日  時】4月6日(土) 14:00-15:00 【会 
Not so thick one this my streak. Was. Tan. It genericviagra-bestrxonline Heavy lather hrs as recommend nude thick balm/lipstick/gloss genericcialis-cheaprxstore sun when Derma try. The terrific American. This dried fedex ups online pharmacy stuff but. Its shipped how don’t added daily dose cialis regrowth Big skin. I my it! Best not. Made my finding viagra online must that actually recommend to naturally-blonde to reason.
場】三菱地所アルティアム(イムズ8F) 【参加料】無料(展覧会チケットは別途必要) イベントの詳細はアルティアムの公式サイトをご覧下さい。

Category: ART, FUKUOKA, NEWS / Tags: , ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org