KAORI TATEBAYASHI CERAMICS EXHIBITION

4.27(土)-5.12(日)Kaori Tatebayashi Ceramics Exhibition

April 15th, 2013 Update / Author: misako

f636285afd572099711f31493c1619c5
薬院のPATINAさんでロンドン在住の陶芸家 舘林香織さんの日本で初めての個展が行われます。
27日(土)のレセプションには舘林さんご本人がいらっしゃるそうです。
大分の丹羽茶舗さんも気になるお店だったので行ってみたいです。

* * *

念願叶ってロンドン在住の陶芸家 舘林香織さんの日本で初めての個展をPATINAで行います。
舘林さんはイギリスに渡り、バーナード・リーチの影響が強く陶芸の文化が根づいた国イギリスで作陶に励み彼女の作品は輝きを増しています。彼女の粉引きは、どこか白とグレーが混ざり合った色で、粉引きの概念のないイギリスではグレーに例えられることが多いようです。同じ陶器でも日本とイギリスでは文化的な違いから使用方法が異なるため、様々な工夫をされて創作活動をされています。伝統的な型作りから発展させた独自の手法を用いて作陶された器は、彫刻作品も手掛ける舘林さんにしか造り出すことが出来ない繊細で独自なフォルムが印象的です。今回の個展では、PATINAで取り扱いさせて頂いている定番のシリーズの加え、個展に合わせはじめてお披露目される新作、そして彫刻のアートピース作品の展示もあります。彼女の作品は、ロンドンでは、生前ルーシー・リーと交流があったモーリーンさんの営む『egg』、ロンドナー憧れのハムステッドの『LIving Stone Studio』そしてイギリス陶芸の殿堂である『contemporary ceramics』や、バーナード・リーチがかつて濱田庄司と築いたセントアイブスの『リーチポタリー』といった名だたるギャラリーでの取り扱いがあります。是非多くの方に作品をご覧頂きたいと思います。

4月27日(土)14:00-19:00 オープニングレセプション
ロンドンから舘林さんもお越し頂きオープニングレセプションを行います。
当日は、大分県中津の丹羽茶舗の丹羽さんにより舘林さんの器で抹茶をたてて頂きます。
舘林さんにセレクトして頂いた英国のお菓子と丹羽さんにたてて頂いた抹茶で
新感覚のアフタヌーンティーを楽しんで頂きたいと思っています。
是非お気軽にお越しください!

Kaori Tatebayashi Ceramics Exhibition
4月27日(土)-5月12日(日)11:00ー18:00 @PATINA
福岡市中央区薬院1-7-12 セルクル薬院402
TEL 092-791-9672
http://patina-fk.com/exhibition/

Category: FUKUOKA, LIFE, NEWS / Tags: ,

AUTHOR

三迫 太郎(Taro Misako)
1980年福岡県生まれ。2008年〜フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を始める。福岡発のzineレーベル「10zine」の共同立ち上げ、ひとりWebマガジン「taromagazine™」、周辺のさまざまな物事を編集する活動「Prefab」など、主にWeb上で活発に活動中。
http://taromag.misaquo.org